トップページへ
たろうクリニックについて ABOUT CLINIC
患者さま及びご家族の皆様へ FOR PATIENTS AND FAMILY
地域の医療・介護に携わる方へ FOR PROVIDER
関連施設 FACILITY
よくあるご質問 Q&A
まずはクリニックへお気軽にお問合せください。 TEL 092-410-3333 【対応時間】平日9:00~18:00
アニメでわかる「在宅緩和ケア

アニメでわかる「在宅緩和ケア」


MEWS たろうクリニックからのお知らせ

2016.02.04(木)
グループホームでの訪問診療

グループホーム(認知症高齢者グループホーム、認知症対応型共同生活介護)とは、認知症による症状のために日常生活に支障をきたすようになった方を対象とした施設です。介護スタッフのサポートを受けながら少人数で共同生活をすることを特徴とし、家庭的な見守りの環境の中で生活ができること、生活機能訓練により認知症の進行を遅らせることを目的としています。福岡市の認知症対策の一つとして、このグループホームの整備が挙げられており、平成28年1月の時点で119のグループホームが福岡市内にあり、今後さらに120から180名分のグループホームが毎年新設される予定となっています。

グループホームの入所者は介護認定を受けた認知症の方が対象となっており、多くの方は一人での通院が困難です。また、家族や施設職員が受診に付き添うのには限界もあるため、グループホームの入所者が訪問診療の対象となることは少なくありません。一方で、訪問診療を行う医師は内科や外科を専門としていることが多く認知症の方の診療経験が少ない傾向にあります。このため、訪問診療を行っていても身体面のケアを行うのみで認知症の症状や問題行動に関しては対応できない場合も多く、不穏行動があるとすぐに入院を勧められるケースもあるようです。当院は、日本老年精神医学会の専門医である院長と、日本精神神経学会の専門医である理事長が中心となって訪問診療を行っており、認知症の症状や問題行動に対して環境調整や薬物調整を行い、できるかぎり患者さんとご家族が住み慣れた環境で安心して生活できるようサポートいたします。もちろん、内科医や外科医も勤務しておりますので、身体面のケアも当院にて行います。通院が困難な認知症の方に関して、お困りのことがありましたらまずはご相談ください。

過去のお知らせ記事一覧 こちらも合わせてご覧下さい。